洋梨のカタチしてるけど、和梨です。

シンガー・アーティスト 阿雨里 芽芽 (a.k.a. Sista Mei-Me)と 一緒に、‘自分’を旅してみませんか?? 合言葉は ~ I am, I soar ! ~ 私でいる、翼をひろげて。 知らず知らず まとってしまったベールを1枚1枚脱ぐように、くもった鏡を1回1回拭くように。何の制限もないところにいる私は、どんな ‘自分’ だろう。 Starting with the WOMAN in the mirror ♡

ていねいに、台所に立つ。

先週末から数日、東京に戻ったので、お気に入りの土鍋を持って帰ってきました

 f:id:iamisoarwomaninthemirror:20170528203253j:image

 

手前のポットのほうが目立ってるけど(笑) ←これはこれで、お気に入りのホーローケトル

 

奥の、黒い土鍋

 

もう何年も、お米はこの深い土鍋で ガス炊きしてます

 

 

実家の ある種の居心地の悪さって、置いてあるものが

ほぼ母のものだからかも

と思うに至り

ならば 東京の自宅で使い慣れているものを持って帰ってくればよいのでは!と 真っ先に選んだのが この土鍋でした

 

最近は

お米を炊くだけじゃなく、鶏のムネ肉を鳥ハムみたいにしっとり仕上げたり、お水を張って蒸し料理を作ったり、いろんなことに使ってました

 

もうひとつ

よく作っていたのが、鳥皮をひたすら茹でて、スープを作ること

 

茹で汁は かならずキッチンペーパーでこして、黄色い脂(固まると白い脂になるもの)を取りのぞくのがミソ

 

たくさん作って余ったら 冷蔵庫で保存しますが、白い脂のかたまりなぞ、一切浮きません

透明の、トゥルトゥルの(コラーゲンですね)液になってて、また温めて色んな料理に使います

 

f:id:iamisoarwomaninthemirror:20170528205147j:image

 

なかでも大好きなのは

にゅうめん(温そうめん)にすること

 

この写真のは鳥皮を浮かせちゃったので、ところどころ大きな脂がありますが、ペーパーでこしたてのスープは、一番小さい脂の大きさで見事にそろっていて、なんとも美しいのです

(ペーパーでこさない場合は、一緒に写っているネギの輪切りくらいのバカでかい黄色い脂もまじります)

 

 

私は

こういう手間のかかることを やっては 一人 台所でニヤニヤしてるのが

めっぽう好きで(笑)

 

 

好きだったはずなのに

病気が発覚する直前の数ヶ月は、こういうことをまったくしなくなっていたのを思い出しました

原因不明なんだけど、ひたすら寝ても寝てもまだ寝られたり、昨秋(10月頃かな)は これまた思い当たる原因が何もないのに嘔吐したことが2、3回あった

 

外科手術のインパクトがすごくて、すっかり忘れていたけど

とても こんなゆったり台所に立てる状態ではなかったなぁと

 

久しぶりに

お気に入りの道具で 心ゆくまで 時短とか気にせずに 作りたいものを作る気持ち良さを 取り戻してます

 

 

父の介護で忙しい母にも ていねいに作った料理のもつ やさしさや癒やしのようなエネルギーが伝わるのか  とても喜ばれました

早速、炊きこみご飯を作ってほしい とのリクエストも きた(笑)

 

 

食の大切さ

とか

叫ばれて久しいけれど

 

何を食べるか

よりも

どんな気持ちで作るか

どんな気持ちで食べるか

のほうが大切

 

かもね

 

◯◯産の△△を使った料理、みたいなのを食べに行く楽しみも モチロンあるけれど、

そういうことじゃなく、あ〜コレ美味しいー!って、

『おいしく食べられる』こと

そういう人

ホントに素敵だなと思う!のでした

 (余談だけど、打ち上げとかで、食べ方の汚ない人と 食べ物で遊ぶ人、いるけど、苦手です…内心ビックリしてドン引き… 自分が食いしんぼうだから、食べ物大事にしない人は イヤなのだ( ̄▽ ̄;))

 

付け足し (最近作った料理)

f:id:iamisoarwomaninthemirror:20170528220424j:image

鯛のアラと新ごぼうの炊き合わせ (新ごぼうが 柔らかく炊けて最高でした!新たまねぎ、新じゃがいも、…新ナントカは水分量が多くて、単純に蒸すだけでも美味しい)

 

f:id:iamisoarwomaninthemirror:20170528220554j:image

そら豆のグリル (魚焼きグリルに放り込んで焼くだけ、皮は食べないので これくらい焦げるまで焼いて大丈夫!という究極のほったらかし料理(笑) でもホントに美味しいです)