読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋梨のカタチしてるけど、和梨です。

シンガー・アーティスト 阿雨里 芽芽 (a.k.a. Sista Mei-Me)と 一緒に、‘自分’を旅してみませんか?? 合言葉は ~ I am, I soar ! ~ 私でいる、翼をひろげて。 知らず知らず まとってしまったベールを1枚1枚脱ぐように、くもった鏡を1回1回拭くように。何の制限もないところにいる私は、どんな ‘自分’ だろう。 Starting with the WOMAN in the mirror ♡

日にち薬って、ホントだぁ!

手術後しばらく、手術の傷を閉じたあと体内にたまってくるリンパ液や血液を体外に出すためにチューブをつけられてましたが、排液の量がなかなか減らなくて、胸部をバンドで圧迫したりした分、

実は、左腕(左肩~ひじにかけて)に かなり、内出血のアザが広がったりしておりました。

退院の頃には、アザもだいぶ引いてはいましたが、左腕そのものは右腕に比べると60%くらいしか上がらなかったし、身体の感覚としても『絶賛 細胞再構築中!』みたいな感じがヒシヒシとあったのが、

今は80%くらいまで腕も上がるようになり、内出血は腕に関しては完全に消えました!

ただいま こんな感じ↓

f:id:iamisoarwomaninthemirror:20170401032334j:image

マイクは合成です(笑)

ガイコツマイクの絵文字があったから、それを貼り付けてみた(≧∇≦)

 

内出血消えた記念と、この先 抗がん剤開始したら確実に一度 完全に脱毛してしまうので、抜ける前記念(笑)

(抜けた記念と、ふたたび生えてきた記念も、撮っちゃおうと思ってます(≧∇≦)♡)

 

もとい、

傷を回復させようというモードになっている身体は、血液をたくさん作るようになるためか、新陳代謝が良くなった気がします。肌の調子がとても良い(^^)!!

血をつくる、って、汗をかいたり食べたものを消化したり排泄したりする以上に、身体にとっては強力な『浄化』なんだ、と実感!

浄化、デトックス、というと『出す』ほうばかりがクローズアップされがちだけど、『造る・生み出す』ほうももっと真剣に考えるべきかもしれません。

運動も、『要らないものを出す』ため、と思うと 辛い・面倒くさいに傾きがちで深刻なイメージだけど、『エネルギー(熱量)をつくり身体に循環させる力を生み出す』と とらえれば、何か楽しそう!な気がしてきちゃうのは私だけでしょうか(≧∇≦) ←単純

ともかく、

身体から悪いものはすべて切って無くなったし、しばらく仕事らしい仕事もしてないしで(笑)、たぶん、残業続きでお疲れまくりの働く人々よりも、確実に健康です、今の私。

傷はあるけど、病人じゃない。

強がりでも何でもなく、そう感じます。特にこれから始まる治療は、今ある病気を治すためのものではなく、ふたたび病人にならないためにしておく、というちょっぴり逆説的なものなため(将来、病気という芽を出さないように、もし種が存在するなら枯らしておくという)、余計にそう感じるんだろうな。

 

そして、そして!

今いちばん何よりも嬉しいのは、退院後しばらく、かぶるタイプの洋服が(左腕上がらないから)着られなくて、前開きの洋服や下着でないとダメだったのに、

今はジャージ等の伸びる素材のものであれば、着るのはもちろん、脱ぐのも問題なく出来るようになったこと!!

ただし、ワキというか、腕のつけ根のあたりに余裕がない服は、ジャージ素材でも まだダメですが…(着られるけど脱ぎにくいため、ちと危険)。

 

それにしても、ほんと洋服(トップス)って、かぶるタイプのものの方が圧倒的に多いんですね!

退院直後に、近所の 〇まむらとかデパートとかを何軒かまわってみたのですが、完全に下までボタンやジッパーで開けられる洋服となると、デニムシャツ・チェック柄のシャツ・パーカーぐらいしかなく、かわいい柄やデザインの服はほぼ、かぶりタイプでした(ToT)

もういっそのこと、つねに着物を着てる人になってしまえばいいのではないかと思ったくらい(笑)地味にショックな経験でした…

 

いま、退院から3週間ほど経ちましたが、身体の感覚はまっっったく、違います。…まさに、日にち薬!

私が、今後のスケジュールや方針を決めかねて「うぅぅ…( ¯ω¯ ;)」と脳みそ煮つまり気味のあいだにも、黙々と回復を続けていた身体の底力に、感心しまくり!です。

 

大好きなヨガも、出来なくなったポーズがたくさんあって少しだけ残念なのですが、入院中からメニューを組んでもらっていた左腕~胸筋・背筋のリハビリストレッチと、リンパを一部切り取ってしまったために将来『リンパ浮腫』という重度のむくみを併発しないようにするためのマッサージのほうを、今は無理のない範囲で忘れずにやっています。

 

いつか、手を上にのばしたり大きく回したり、腕で体重を支えたりするようなヨガのポーズをふたたび出来るようになった時、かぶりタイプの服を着られた日の何十倍もの喜びを、味わえるのかな…

いやーん、楽しみっ♪♪(*/∇\*) ←単純