洋梨のカタチしてるけど、和梨です。

シンガー・アーティスト 阿雨里 芽芽 (a.k.a. Sista Mei-Me)と 一緒に、‘自分’を旅してみませんか?? 合言葉は ~ I am, I soar ! ~ 私でいる、翼をひろげて。 知らず知らず まとってしまったベールを1枚1枚脱ぐように、くもった鏡を1回1回拭くように。何の制限もないところにいる私は、どんな ‘自分’ だろう。 Starting with the WOMAN in the mirror ♡

『音』には‘ 自分’が乗っている

入院して2度目の週末が過ぎようとしています。

入院(手術)前の、勝手な自己イメージとしては、遅くても今日か明日には退院して、実家で療養に入るはずでした。(入院は約8日〜10日が標準、と医師から説明されていたので)

 

思ったより、身体が受けた異変は大きかったみたいです、まぁ何てったって外科手術ですからね、……でも大丈夫、傷はいつか必ずふさがります!

 

いわゆる『日にち薬(ひにちぐすり)』というヤツですね、自分が言われたり同室の患者さんや面会スペースでのお見舞いの人達の会話に出てきたり、毎日5回は必ず耳にします(^^)

そして私は、その言葉を聞くと、脳内に『小さな小さな大工さんがものすごく大勢でレンガみたいなものを積み上げたり必要な成分をバケツリレーしたりしてるの図』が浮かんでしまいます。〇と|だけで描かれたみたいな、ゆるいマンガの大工さんがちょこまかしています(笑)

わたしが寝ていようと起きていようと、休むことなく修復工事が行なわれていると思うと、つくづく『身体の生きようとする力』の物凄さを感じずにはいられません。

この、『身体の生きようとする力』については、次回しっかり綴ってみたいと思います。

 

今回は、『音』について。

 

大部屋に入院していると、思いのほか『他人の生活騒音』が気になります。(きっと、私はひとり暮らしが長いのも関係ありますね)

お互いに仕切りカーテンを閉めているのでプライバシーは保たれていますが、特に夜はとても静かなぶん、足音や引き出しを開ける音はおろか、寝返りを打っても「あ、動いたな」と分かります。

面白いのは、なるべく物音をたてないように気を配っている人の音と、そんなことお構いなしの人の音が、たんなる音量の違いなどではなく、かなり違うこと。

足音や声色を聞いているだけでも、何となくどんな性格の人か分かります。(実際に看護師さんやご家族とのくだけた長話が聞こえてくると、あぁやっぱり、という感じ(笑))

ただし、外見は意外!という場合がほとんどかな…実は、声だけ聞いていた時は、もっと老けているのかと思った、という人がじつに多い!!!

『声年齢』って、ありますよ、若い幼い声に聞こえればいいというものではありませんが、これまでも、カフェなどでトイレに立った時に後ろのテーブルの人達の顔を見て、びっくりというか、その見た目でその声…めっちゃ損してる…(°д°)と愕然とすることも多かったような^^;

 

ほんとうに、『音』には、非情なほどに、もう残酷と言っても構わないくらいに、その人の内面や今どういう状態かなどが乗っかっています。

 

昔お会いしたモデル事務所の社長さんは、オーディションには必ずヒールを履いて参加してもらい、面接会場に入ってくるまでの廊下の足音・ドアを開ける音ですでに半分以上落とす(というか落ちる)人が分かると仰っていました。モデルというのは、しゃべらない(写真広告ならさらに動かない)で、その身につけている商品を欲しいと思わせる魅力を出せなければならず、メイクや撮影機材、加工技術によって外見はいくらでも作り込めるからこその、内面のポテンシャルが、超一流・一流・…の明暗を分けていくとの事でした。華やかさとは裏腹に、大変厳しい世界なのだなと肝に染みたのを覚えています。

…そうそう、悪いことをしようとしてる人は、音がしないんですって(笑)!!たしかに、バレたら悪事を遂行できないですからね、気配を消す=音を消す、納得です(^^)

「音がしないから気が付きにくいけど、よく見たら絶対コソコソしてるから分かるよ、小さい子供でもイタズラするときは自然に抜き足差し足になるでしょう」って(≧∇≦)!

  

なんか、私の病室の『音』の話をしてたはずが、ちょっと話それたかな(笑)

 

いやいや、その人の立てる『音』 がその人そのものなのだとしたら、

私が普段『素』でいるときって、一体、どんな音を立ててるのやら、俄然気になってきました^^;

ステージの上での動作についてはある程度キャリアがあるので、『意識的にコントロールしていることすら意識しないで動く』ことも出来ているつもりですが、

あえて、日常動作をスマホボイスレコーダーかムービーに録ってみて、『素(=無意識の状態)』の自分がどんなに笑える生き物なのか、ショックを受けてみるのも面白いかも(笑)

 

『水にうつせば顔と顔とが応じるように、人の心はその人をうつす。(‭‭旧約聖書箴言‬ ‭27:19‬)』 

『人がその心で考えること、それがその人である。(聖書・意訳)』

 

無意識の状態の時にも、『心』はありますからね、どんな『人』がうつるのか……やはりムービーで録ってみよう。

…怖い(笑)